和装小物 高額買取

和装小物 高額買取が期待できるもの

和装小物は着物を着る際に必要不可欠なもののため、その多くが買取対象になります。着物や帯の色合い、着ていく場所などによって色々な小物を使い分ける人は多く、全体の調和に欠かせないものなので和装小物をたくさん持っている人も少なくないかと思います。
しかし和装小物は、小物という性質上値段が付きづらいものも多くあります。特に草履やバッグなどで使用感が出ているものは値が付かないこともあります。では高額買取が期待できる和装小物にはどういったものがあるのでしょうか。

 

1.帯締め
帯締めは、帯や着物の着崩れを防止するために締める紐で、江戸時代の歌舞伎役者が用いたのが始まりと言われています。帯締めは大きく分けて2種類あり、布で綿をくるんだ紐「丸ぐけ」と、「組み紐」です。組み紐はさらに「丸打ち」「角打ち」「平打ち」に分けられます。高額が期待できる帯締めは「作家物」であるもの、「宝石がついているもの」などです。

 

2.帯留め
帯留めは帯を押さえる留め具のことで、帯締めに付けるアクセサリーとしての意味合いも強くあります。べっ甲や象牙、珊瑚、翡翠、エメラルドなどの宝石が付いているもの、金やプラチナなどの貴金属製のものなどがあります。「希少な素材が使われているもの」や、「宝石的価値の高いもの」などは高額買取が期待できそうです。

 

3.草履とバッグ
草履とバッグは、使用感の強いものは値が付きにくい傾向にあります。しかし「有名な作家のもの」や、細かい趣向が凝らされている「ビーズバッグ」などは高額買取が期待できそうです。

 

 

 

より高額で買取してもらうには、以下のような点に注意しておきましょう。

 

1.付属品はすべて残しておく
小物が入っていた箱や、包んであった薄紙などはすべて一緒に保管しておきましょう。小物がそのままむき出しになっているより、箱が付いている方が需要があるため、高額になる可能性はぐっと上がります。

 

2.保存状態を良好に保つ
べっ甲はしっかり虫よけをしたり、宝石類は傷がつかないようにするなど丁寧に扱いましょう。また、草履などはなるべく未使用のままの方が高額買取を望めます。

どこで和装小物を買取処分してもらうのがいい?

和装小物は、着物とセットで買取処分してもらえる場合もあり、単体よりも高値になることがあります。そのため和装小物だけで買取処分の査定を依頼するよりも、着物と一緒に査定してもらうのがおすすめです。本サイトでは和装小物も買取処分してくれる業者を、口コミや評判を元にランキングで掲載していますので、自分の納得できる買取処分業者を探してみて下さい。