着物 高額買取

着物を高額で買取してもらうためのポイント

同じような柄、仕立て時期、メーカーや作家の着物であっても、着物の状態によって買取価格は大きく変わります。将来的に誰かに譲ることや、買取処分してもらうことを考えている場合は、高額買取してもらうポイントを押さえて購入や保管することをおすすめします。

 

1.未使用であること
着物を購入したからには一度くらい着用したいものですが、未使用に近いほど高額買取してもらいやすくなります。成人式用の振袖などは着用を目的として誂えるかと思いますが、着る機会があるのかすら分からないまま喪服などを仕立てることもあると思います。特に嫁入りに際して、風習だからということでたくさん着物をもたされるのはよくあることです。そういった場合、着る機会のないものはなるべく早く判断して買取してもらった方が高額になる可能性は高いです。

 

2.素材が正絹であること
着物の素材には正絹、麻、木綿、ウール、化繊などがあります。正絹が最も高額買取してもらえる素材なのですが、他の素材は買取すらしてもらえるか分からないと思っておいた方が無難です。有名な作家の着物や芸能人が着用した着物であれば、正絹以外の素材でも高額買取になる可能性はありますが、そういったものは稀です。しかし最近は海外での着物の需要の高まりなどもあり、海外で人気なデザインのものならいくらか値が付くこともあります。

 

3.汚れや傷みがないこと
やはり汚れや傷みがない着物の方が高額買取してもらえます。着物は一度着たら必ず汗抜きクリーニングに出すようにしましょう。タンスに保管する際にも、防虫剤を入れたり、時々は部屋に吊るすなどして臭いが染みつかないように気を付けましょう。着物を畳む際にも、折りジワなどが付かないように丁寧に扱うことを心がけてください。

 

4.人間国宝、有名な作家の着物であること
人間国宝の作品ともなれば、当然買取価格は高額になります。購入時の価格が高額である場合は人間国宝や有名な作家の着物である可能性もあるので、それを証明する証紙や落款部分のはぎれがないか探してみてください。
人間国宝&有名な着物の作家一覧

 

5.有名なデパート、老舗呉服店の着物であること
有名なデパートや老舗の呉服店などで購入した着物も高額買取が期待できます。そのお店で買ったと証明できるものを、着物と一緒に保管しておくことをおすすめします。例として高島屋、三越、大丸、やまと、銀座越後屋、ゑり善、銀座志ま亀などが挙げられます。

 

6.伝統工芸品の着物であること
日本各地の有名な着物は伝統工芸品として高額買取されます
例としては以下のようなものがあります。
黄八丈(東京)
丹後縮緬、西陣織(京都)
羽二重(福井)
塩沢紬、越後上布(新潟)
牛首紬、加賀友禅(石川)
結城紬(茨城)
博多織、久留米絣、小倉織(福岡)
大島紬(鹿児島)
琉球紅型、琉球絣、芭蕉布、八重山上布(沖縄)

 

7.サイズの大きい(丈の長い)着物であること
サイズの小さい着物は買取してもらえないことが多い一方で、サイズの大きい着物はどんな体型の人でも着用できるため買取価格が高額になりやすいです。着物を誂える時は少し大きめに仕立ててもらう方が、後々自分の体型が変わった時にも着用できる上、買取処分してもらうことになった場合にも有利になります。

 

8.大きい販売経路を持つ買取業者を選ぶこと
着物を売る際の買取業者の選び方もひとつのポイントです。日本人には売れにくい着物であっても海外の人には人気がある場合もあるため、より大きい販売経路を持っている業者を選ぶ方が高額買取を期待できます。特に、2020年の東京オリンピックの効果で日本の文化に興味を持つ外国人は増えています。売る時期としては、今が一番需要のある時期だと言えるかもしれません。
また店舗を構えて買取販売を行っている業者の場合、店舗の維持費や人件費がかかるためその分買取価格は低くなってしまいがちです。しかし店舗を持たずに宅配と出張での買取のみを行っている業者の場合、コストが大幅に削減されるためその分高額買取が可能になっています。時代の変化によっても、より高額買取できる条件は変わっていくことを頭に入れておくといいかもしれません。

どこで着物を買取処分してもらうのがいい?

着物を高額買取してもらうための目安は分かったと思いますが、買取処分をお願いする業者によっても着物の価格は変わってきます。「他店よりも1円でも高く」をモットーに買取処分を行っている業者もいくつかあるため、複数の着物買取処分業者に査定を依頼し、最も高額をつけてくれた業者へ買い取ってもらうのがおすすめです。
本サイトでは着物買取処分業者の口コミや評判を元にランキングを掲載していますので、自分の納得できる買取処分業者を探してみて下さい。