出張買取 悪徳業者

悪徳業者にあわないために気を付けるべきポイント

着物だけに限らず価値のあるものを、売る気がないのに無理やり奪うようにして買い取っていく「押し買い」という詐欺行為が一時期横行しました。突然自宅を訪問してきて家に上がり込み、金目のものを出させて破格の値を付け、本人が嫌がっているのに買い取るというもので、その悪質な手法がニュースでも話題になりました。
そこで、悪徳業者にあわないために気を付けるべきポイントをまとめてみました。これから高価な品を買い取ってもらおうと考えている方は、是非チェックしてみてください。

 

1.名刺や身分証明書の提示はあるか?
まず信頼のおける業者は最初に名を名乗り、会社の身分証を首から下げていたり、名刺を渡してくれます。ちらっとしか見せなかったり、身分証の提示を求めても渋るような様子を見せるなら怪しいと思いましょう。

 

2.知識のある人が査定しているか?
着物の査定には深い知識と経験が必要です。着物の畳み方などの基本的な部分に加えて、着物の種類、流行の柄、有名な作家、伝統工芸品など多岐にわたる知識がなければ正しい査定はできません。きちんと納得できる説明をしてくれているか、納得できない部分はよく確認しましょう。

 

3.クーリング・オフの説明はあるか?
着物を買取してもらっても、法定書面を受領した日から起算して8日以内なら返品してもらえるというのが「クーリング・オフ制度」です。これは法律で定められている制度なので、説明がなかったから適用されないというようなことはありません。クーリング・オフについてきちんと説明しない業者はかなり怪しいと思うべきです。また、クーリング・オフが適用されない契約だなどと嘘をつく業者もいるのでだまされないようにしましょう。
※クーリング・オフ制度は「出張買取」でのみ適用される制度です。
「宅配買取」や「持込買取」の場合適用されませんのでご注意ください。

クーリング・オフについて詳しく知りたい方はコチラ

まとめ

おおまかに以上のようなポイントを押さえておけば、明らかな悪徳業者にあうということはないかと思います。しかし詐欺グループは、日々新しい手法を考えてだまそうとしてきます。少しでも怪しいと感じたら契約しないようにしてください。また怪しい業者につけ入られないように、1人で応対しないようにするのも重要です。家族や友人などに同席してもらい、相手と1対1にならないように対策しましょう。

 

本サイトで紹介している着物買取業者は、どこもこのような悪徳行為がないように徹底されています。着物を処分したいけどどこにお願いすればいいのか分からないという方は、本サイトのランキングで納得できる業者を選んでみてください。
また、ひとつの業者だけに査定してもらうと、着物の知識がない人の場合正しく査定してもらえているのか分からずモヤモヤすることがあるかもしれません。そのため、2〜3社に無料査定を依頼して最も高値を付けてくれた業者に買い取ってもらうことをおすすめします。宅配買取の場合、業者の多くが返送料を客側に負担させるシステムになっているため、出張買取で査定してもらうのがおすすめです。