男性 着物 種類 買取

男性用着物の種類を徹底解説

男性が着物を着るというと成人式や結婚式ぐらいのもので、一般的に着物といえば女性が着るものというイメージが強いかもしれませんね。しかし最近は着物を着る男性が増えてきており、男性用着物の需要も高まってきています。男性用の着物には女性用着物のような華やかさはありませんが、地味な色柄の一方で、見えない部分にお洒落な柄などを入たり、マフラーや帽子などの洋物を組み合わせて楽しむといった自由な着こなしが魅力です。男性用の着物の種類は、素材、色柄、形式によって分けられ、女性用の着物ほど複雑ではありません。このページではそれぞれの特徴についてまとめていますので、男性用着物の種類がよく分からないという方は参考になさってください。

 

 

・素材
羽二重・・・やわらかく光沢のある布で、もっともフォーマルです。
ちりめん、御召・・・シボと呼ばれる凹凸がある布で、略礼装、お洒落着として使われます。
・・・節のある独特な風合いが人気の布で、略礼装、お洒落着、普段着に使われます。
麻、木綿、ウール・・・カジュアルな普段着に使われる布です。

 

 

 

・色柄
色は黒や白が最もフォーマルで、次いでグレーや茶色や紺色など渋い色合い、そして鮮やかな色ほどカジュアルになります。
柄は無地であるほどフォーマル、柄が大きくなるほどカジュアルです。

 

 

 

・形式
着物+羽織+袴・・・もっともフォーマルで、礼装・準礼装・略礼装の形式です。
着物+羽織・・・お洒落着の形式です。
着物のみ・・・着流しと呼ばれる、もっともカジュアルな形式です。

 

 

 

男性用と女性用の着物で共通しているのは、紋が入ると格下の着物でも各上になる場合がある、ということです。一つ紋、三つ紋、五つ紋と紋の数が増えるほど格式高い装いとなり、家紋が入っているものはすべて礼装になります。

男性用着物は買取してもらえるのか?

格式の高い着物ほど買取価格も高額になる傾向がありますが、多くの着物買取処分業者で紋付の着物は買取不可になる可能性が高いです。紋が付いていると着られる人が限定されてしまうため、成人式用などで紋付一式を揃えたけど売りたいというような場合は難しいかもしれません。しかし業者によっては紋付も買取対象にしているところもあるので、諦めずに一度問い合わせてみることをおすすめします。
また、「アンサンブル」と言われる着物と羽織のセットは同一の反物で作られており、単品よりもセットの方が高値が付きやすいです。
他には、男性用の着物は紬の生地を用いたものが人気で、さらにこれが大島紬や結城紬となると高額買取が期待できます。他にも、伝統工芸品や有名な作家の着物も高額買取が期待できるため、証紙などがある場合は一緒に用意しておくことをおすすめします。

 

ここまで高額買取の基準についてお伝えしてきましたが、これらの買取基準はそれぞれの買取業者によって異なり、また着物の保存状態なども大きく影響するため、「この種類ならば高額買取になる」とは一概に言えません。
しかし着物に関する深い知識と、着物買取の豊富な経験を持つ査定員に査定してもらうことで、その着物がもつ本来の価値をしっかり査定してもらえます。納得のいく査定をしてもらえるよう、なるべく全体のレベルが高い業者を選ぶと安心して買取をお願いすることができるかと思います。本サイトでは各業者の口コミや評判を元にランキングを載せていますので是非参考にしてみてください。
また、ひとつの業者だけに査定してもらうと、着物の知識がない人の場合正しく査定してもらえているのか分からずモヤモヤすることがあるかもしれません。そのため、2〜3社に無料査定を依頼して最も高値を付けてくれた業者に買い取ってもらうことをおすすめします。宅配買取の場合、業者の多くが返送料を客側に負担させるシステムになっているため、出張買取で査定してもらうのがおすすめです。