宅配買取

在宅時間がとれない人には宅配買取がおすすめ

着物を買取で処分してもらう方法のひとつに「宅配買取」があります。着物買取のCMなどで一応耳にしたことはあるという方もいるかと思いますが、実際のところ宅配買取ってどんな風にするの?という疑問を持っている方もいますよね。そこで、宅配買取についてまとめてみました。

宅配買取してもらうことのメリット&デメリット

宅配買取とは、買い取ってほしい着物などを買取業者に送り、後日電話やメールで査定結果を聞いて買取してもらうか返事をし、代金を振り込んでもらうという方法です。業者によって段ボールなどの宅配キットを無料で送ってくれるところもあります。業者へ送る際の送料や査定料は無料で、査定額に満足できず買取をキャンセルした場合にもキャンセル代は発生しません。しかしキャンセル後に着物などを返送してもらう場合は送料が自己負担となる業者が多いため注意が必要です。着物の状態によっては、値がつかず査定額がゼロ円になることもあるため、価格よりもとにかく処分することを優先したいという方に向いています。また出張買取や持込買取だと、可能な地域が限定されていることがあるため、離島や出張対象外地域に住んでいるような方は宅配買取を選ぶことになります。

 

宅配買取は出張買取と違い人を家に上げる必要がないため、在宅時間がとれない方や、自宅に人を入れたくないという方におすすめです。
しかし着物を梱包する際や発送中などに、折りじわがついたりトラブルで傷つくようなことがあると着物の価値が下がってしまうこともあります。またどんな人が査定したのか分からないため、本当に知識と経験のある人に見てもらえたのかどうか分からず、不満の残る査定結果になることもあります。不満が残る可能性は宅配買取以外の方法でも有り得ることなので、どの買取方法においても信頼できる業者を選ぶように気を付けましょう。

無料宅配キットの利用

宅配買取をしてもらう場合、買取処分業者へ申し込んだあと自分で着物を送らなければなりません。買い取りしてもらいたい着物の量にもよりますが、箱詰めや発送の準備は大変なものです。そこで便利なのが、無料宅配キットの利用です。業者によって宅配キットの内容は異なりますが、ダンボールを無料で送ってくれるところもあるため自分で用意する必要がありません。ダンボールを用意するのが手間で宅配買取をためらっているという方は、一度宅配キットの有無で業者を比較してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

どの買取業者も、担当してくれる査定員との相性や、買取してもらう商品への思い入れなどによって評価は変わってしまいます。そのためなるべく全体のレベルが高い業者を選ぶことで、不快な思いをしてしまう確率は減るかと思います。本サイトでは各業者の口コミや評判を元にランキングを載せていますので、納得できる業者を選んでみてください。
また、ひとつの業者だけに査定してもらうと、着物の知識がない人の場合正しく査定してもらえているのか分からずモヤモヤすることがあるかもしれません。そのため、2〜3社に無料査定を依頼して最も高値を付けてくれた業者に買い取ってもらうことをおすすめします。宅配買取の場合、業者の多くが返送料を客側に負担させるシステムになっているため、出張買取で査定してもらうのがおすすめです。