出張買取

買取してもらうなら出張買取がおすすめ

着物を買取で処分してもらう方法の中で最もおすすめなのが「出張買取」です。着物買取のCMなどで一応耳にしたことはあるという方もいるかと思いますが、実際のところ出張買取ってどんな風にするの?という疑問を持っている方もいますよね。そこで、出張買取についてまとめてみました。

出張買取してもらうことのメリット&デメリット

出張買取とは、査定員の方に直接家まで来てもらい自宅で商品を査定してもらうことを言います。査定額に満足できた場合その場で契約成立となり、現金払いで査定額を受け取ることが出来ます。本サイトで紹介している業者なら出張サービスの費用や査定料は一切かかりません。また、査定額に満足できず買取をキャンセルした場合もキャンセル料は発生しません。実際、査定してもらうことが目的で最初から買取してもらう気はなく来てもらうという方もたくさんいます。そのため買取をキャンセルすることに罪悪感を抱く必要は全くありません。近年、罪悪感に付け込んで無理やり買い取るような行為が「押し買い」として横行したため、売る気がないものを無理やり買い取ることは法律で禁止されています。

 

たくさんの着物を一度に査定してもらいたい場合は出張買取がもっとも手間がかかりません。宅配買取だと段ボールの用意や梱包の手間、発送の手配、キャンセルした時の返送料は自己負担になるなど、大変なことが多いのに対し、出張買取は家で待っているだけでOKです。逆に、1枚だけ査定してもらいたいんだけど・・・という場合でも対応してくれる業者は多いので、少ない着物の場合も手間なく査定してもらえておすすめです。

 

査定員の多くは男性なので、知らない男性を家に上げることに抵抗がある方は、女性の査定員を指名できる業者の利用をおすすめします。女性の査定員のみで来てくれる業者と、男性と女性の組み合わせで来てくれる業者があります。いずれも女性指名による費用はかかりませんので安心してサービスを利用できます。

 

出張買取は基本的にメリットが多い買取処分方法ですが、いくつかのデメリットもあります。査定に来てくれる査定員は、業者によってしっかり教育されている場合とそうでない場合があります。着物の査定には深い知識と経験が必要になるのですが、どちらも浅い人に当たった場合、不満の残る査定になる可能性があります。これは出張買取だけに言えることではないため、どの買取方法においても信頼できる業者を選ぶように気を付けましょう。
出張買取を行っている業者には、全国47都道府県に出張可能な場合とそうでない場合があります。そのため、住んでいる地域によっては出張買取に来てもらえないことがあります。申し込みの際にオペレーターから可否を教えてもらえるので、出張してもらえる業者を探してみましょう。

最もおすすめの出張買取業者は「バイセル」!

申込方法

買取方法

手数料

Web、電話

24時間対応

出張、宅配、持込

査定、出張、宅配送料無料

※宅配買取キャンセル時の

返送料は着払い

買取対象商品

宅配キット

備考

着物、帯、和装小物全般

 

切手、古銭、毛皮、アクセサリー、金券、金、ブランド品、宝石、時計、骨董品、洋服

なし

女性査定員指名可能

着物1枚から査定依頼可能

 

最もおすすめの着物買取業者は「バイセル」です。「バイセル」は、他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却することを公言しているため、損をすることがありません。また無料査定の申し込みはネットと電話から可能で、ネットに慣れていない人でも気軽に申し込めます。電話は24時間対応なので、日中忙しい人でも都合のいい時間に電話をすることが出来ます。証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけといったものでも無料査定してくれます。着物だけでなく和装小物も買取対象なので、一式まとめて買取処分してもらえます。無料査定後、買取をキャンセルしてもキャンセル料は一切かからないため安心して査定を申し込むことが出来ます。
出張買取の場合、申し込みから最短30分で査定に来てもらえるので、すぐにでも着物を処分したいと考えている人におすすめです。買取してもらいたい着物が大量にある場合も、梱包や持ち込む手間が不要なため便利です。男性の査定員は公式ウェブサイトに名前と顔写真が掲載されており、女性の査定員に来てほしいという方には「女性査定員指名サービス」もあるため安心して査定を依頼できるようになっています。(※女性査定員指名サービスは女性の方限定で利用できるサービスです)日本全国どこでも出張買取可能ですが、一部の地域では出張買取に対応していないことがあります。

 

バイセルは、査定終了後にアフターフォローの電話があります。品物を理由なく極端に安い金額で買取されていないか、査定員のサービスの質は十分だったか、売買契約に関する説明はきちんとされていたかなどの確認があります。押し買いなどが不安な方もいるかと思いますが、バイセルは買取後までしっかりフォローしてくれる安心できる業者です。

 

万が一、買取してもらった後にやっぱり返品してもらいたいと思った場合、出張買取はクーリング・オフが可能で、買取から8日以内なら完全返品保証を実施しています。スピード買取.jpのお客様相談室に電話すると対応してくれます。
お客様相談室:フリーダイヤル0120-915-164
クーリング・オフ制度について詳しく知りたい場合はこちら

 

出張買取の流れ〜「バイセル」の場合〜

【出張買取】

 

1.無料査定の申し込み
Webから「お問い合わせフォーム」に必要事項を入力し、無料査定を申し込みます。電話でも受け付けているためパソコンが苦手な方や、直接聞きたいことがある場合などは電話での問い合わせが便利です。どちらも24時間対応しているので、仕事が忙しくて日中はなかなか電話できないという方でも電話可能です。20分ほどすると、入力した電話番号にバイセルから電話がかかってきます。買取商品の確認、出張サービスに関する説明、日程調整をします。

 

2.査定員の訪問、自宅での査定
査定員さんが氏名と行商従業者証を提示してくれます。万が一にもバイセルを騙った業者などではないように、必ず確認するようにしましょう。査定してもらいたい着物などを一点一点見てもらい、買取金額と理由などを説明してもらえます。

 

3.契約内容の確認
査定額に納得できなかった場合はその場で買取をキャンセルできます。出張料や査定料などは一切かかりません。買い取ってもらうか少し考えたいという場合は、査定員から名刺をもらえるので、後日そこに電話すれば改めて買い取りにきてくれます。買取処分してもらうには「古物営業法」という法律の決まりにより、本人確認のできる身分証明書が必要です。運転免許証、パスポート、健康保険証、外国人登録証のいずれかを事前に用意しておきましょう。全体の流れとしては、合意書への記入、査定員からのクーリング・オフの説明、契約書の記入と本人確認書類の提示となります。最後に電話での書類確認と承諾確認があり、契約内容の確認が終わります。

 

4.買取金額の支払い
契約内容に納得の場合、その場で買取金額を現金で受け取ることができます。その後は契約書類の控えを受け取り、査定員から商品を整理整頓と配布物の案内があり終了です。

 

5.フォローコール
査定員退出後にコールセンターから電話にてアフターフォローがあります。納得のいく査定であったか、査定員の態度はどうであったかなど簡単なヒアリングがあるため、不満の残る部分があった時は対応してくれます。

 

まとめ

どの買取業者も、担当してくれる査定員との相性や、買取してもらう商品への思い入れなどによって評価は変わってしまいます。そのためなるべく全体のレベルが高い業者を選ぶことで、不快な思いをしてしまう確率は減るかと思います。本サイトでは各業者の口コミや評判を元にランキングを載せていますので、納得できる業者を選んでみてください。
また、ひとつの業者だけに査定してもらうと、着物の知識がない人の場合正しく査定してもらえているのか分からずモヤモヤすることがあるかもしれません。そのため、2〜3社に無料査定を依頼して最も高値を付けてくれた業者に買い取ってもらうことをおすすめします。宅配買取の場合、業者の多くが返送料を客側に負担させるシステムになっているため、出張買取で査定してもらうのがおすすめです。