着物 処分

着物の買取処分業者ランキングサイト

遺品整理や断捨離などの理由で突然たくさんの着物を処分することになると、どうやって処分しようかと悩んでしまいますよね。思い入れのある着物だと、簡単に捨てたり二束三文で売ってしまうのも忍びなく・・・。だからといって手元に残しておくのも大変なのが着物です。せっかくなら着物を大事にしてくれる人に譲ったり、できるだけ高値で売って処分したいと思いますよね。

 

実は、着物を処分するなら今がチャンスなんです。ここ数年海外で日本文化の人気が高まってきており、日本の伝統衣装「着物」の需要がとても高くなっています。また海外だけでなく、着物女子と呼ばれる若い女性たちが着物に洋物などを合わせて楽しむことが流行しており、日本国内での着物の需要も高まっています。
海外では古い着物やシミがある着物でも「ヴィンテージ品」として扱うことがあるため、そういった販売先を確保している着物の買取業者はどんな着物でも買い取ってくれる可能性が高いんです。

 

そのため、着物を処分するなら着物専門の買取業者にお願いするのが一番です。着物専門の買取業者なら着物に対する知識が深く、着物買取の経験も豊富なため高値で買取をしてくれることが多くあります
最近ではインターネットの普及に伴って、ネットから無料査定を簡単に申し込むことが出来るようになっています。出張買取と言って、直接家まで査定に来てくれる業者も多く、大量の着物を一度に処分したいと考えている人にはとても便利な方法です。

 

本サイトではそういった着物専門の買取業者を、口コミや人気などを元にランキング形式で紹介しています。是非ご参考になさって下さい。

 

着物の買取処分業者ランキング

 

 

バイセル

バイセルは、坂上忍さんのCMでもおなじみの買取処分業者です。他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却してくれるため、満足のいく買取処分をしてもらえます。
出張買取は最短30分で査定に来てもらうことができ、買取金額もその場で現金支払いしてくれます。そのため早く着物を処分したいと考えている人に特に人気があるようです。
申込者が女性の場合、女性の査定員を指名することができるサービスがあり、知らない男性が家に上がるのは不安だという方にも配慮されています。
出張買取以外にも宅配買取と持込買取に対応しているため、自分のライフスタイルに合った方法を選ぶことが出来ます。どの方法で査定してもらっても査定は無料、買取をキャンセルしてもキャンセル料はかかりません。ただし宅配買取の場合、キャンセル後の返送料は着払いになるため注意が必要です。
査定後はコールセンターからアフターフォローの電話があり、買取処分後までしっかりフォローしてもらえます。
スピード買取.jpでは着物以外に和装小物はもちろん、切手、毛皮、古銭、貴金属、宝石、ブランド品、時計、お酒、骨董品、金券、車の買取も行っています。多岐にわたる品を一度に買取して欲しいという方には便利な買取処分業者です。

申込方法

買取方法

手数料

Web、電話

24時間対応

出張、宅配、持込

査定、出張、宅配送料無料

※宅配買取キャンセル時の

返送料は着払い

買取対象商品

宅配キット

評価

着物、帯、和装小物全般

 

切手、古銭、毛皮、アクセサリー、金券、金、ブランド品、宝石、時計、骨董品、洋服

なし

着物,処分

 

 

 

 

 

買取プレミアム

バイセルと同じ運営会社の買取処分業者です。そのためバイセルとシステムは変わりません。買取方法は出張買取、宅配買取、持込買取から選ぶことができます。出張買取には女性査定員の指名サービスもあるため、男性を家に上げることに抵抗のある方でも安心してサービスを利用できます。また査定後はコールセンターからアフターフォローの電話があり、買取処分後までしっかりフォローしてもらえます。
運営会社によるとバイセルは申込から買取処分までをスピーディーに進めることを重視し、買取プレミアムは丁寧さ、きめ細かさなどを重視しているということです。しかしどちらを選んでもスピードや丁寧さ、買取価格は変わりません。

申込方法

買取方法

手数料

Web、電話

24時間対応

出張、宅配、持込

査定、出張、宅配送料無料

※宅配買取キャンセル時の

返送料は着払い

買取対象商品

宅配キット

評価

着物、帯、和装小物全般

 

切手、古銭、毛皮、アクセサリー、金券、金、ブランド品、宝石、時計、骨董品、洋服

なし

着物,処分

 

 

 

 

ザ・ゴールド

ザ・ゴールドは生前整理に強い買取処分業者です。生前整理をしたいけど何をどうすればいいのか分からないという方に、終活カウンセラーが丁寧に相談にのってくれます
出張買取、宅配買取、持込買取があり、出張買取可能エリアは他業者に比べると狭いです。宅配買取希望者には無料で宅配キットを送ってくれます。しかし受け取りは本人限定受取(家族でも受取不可)で、段ボールは付属していないためあまりメリットはありません。また宅配買取は、買取処分をキャンセルして返送してもらう場合返送料が着払いとなるため注意してください。
出張買取は、女性の査定員を希望する場合、申込時に伝えると男性と女性の組み合わせで来てくれます。

申込方法

買取方法

手数料

Web

24時間対応

出張、宅配、持込

査定、出張、宅配送料無料

※宅配買取キャンセル時の

返送料は着払い

買取対象商品

宅配キット

評価

着物、帯、和装小物全般

 

切手、カメラ、小型家電、食器、毛皮、骨董、古美術、アクセサリー、宝石、時計、ブランド品

無料の宅配キットあり

本人限定受取ため注意

※着払伝票、申込書類等のみなので箱は自分で用意する必要有

着物,処分

 

 

 

福ちゃん

 

 

福ちゃん

福ちゃんの買取処分方法は出張買取と宅配買取から選ぶことができます。宅配買取の場合、無料で宅配キットを送ってくれます。宅配キットにはダンボールも含まれるため、自分で箱を用意する手間がかからず便利です。
現在は着物買取金額ダブルアップキャンペーン中で、初めて福ちゃんを利用する方は買取金額を10%アップ、さらに着物t+帯などの複数商品買取で10%アップ。合計最大20%アップになります。しかし宅配買取をキャンセルした場合の返送料は着払いとなるため注意して下さい。

申込方法

買取方法

手数料

Web、電話

9:00〜21:00

出張、宅配

※持込は着物非対応

 

査定、出張、宅配送料無料

※宅配買取キャンセル時の

返送料は着払い

買取対象商品

宅配キット

評価

着物、帯、和装小物全般

 

コイン、切手、古銭、ブランド品、時計、金・貴金属、骨董品、茶道具、美術品、洋画、宝石、毛皮 など

無料の宅配キットあり

【内容】段ボール、

着払い伝票、

緩衝材(プチプチ)、

書類(査定依頼書など)

着物,処分

 

 

 

 

まんぞく買取.com

まんぞく買取.comは宅配買取のみに対応しており、無料で宅配キットを送ってくれます。本社が金沢にあるため、レンタル着物など幅広い着物需要があること、多くの着物事業者などに幅広い販売経路をもっていること、アジアやヨーロッパなどへの海外販売経路があることから、より高額な買取処分を実現しています。しかし査定後に宅配買取をキャンセルして商品を返送してもらうことになった場合、返送料は着払いになるため注意が必要です。

申込方法

買取方法

手数料

Web、電話

24時間対応

宅配のみ

査定、宅配送料無料

※宅配買取キャンセル時の

返送料は着払い

買取対象商品

宅配キット

評価

着物、帯、和装小物全般

無料の宅配キットあり

【内容】段ボール、

着払い伝票、

緩衝材(プチプチ)、

書類(査定依頼書など)

着物,処分

 

 

 

 

久屋

久屋は宅配買取専門の買取処分業者です。ブランド品・人間国宝品・伝統工芸作家品・有名染色作家品などの場合、高額査定が期待できます。しかし生地がウールや化繊のものなどは値段がつきにくい傾向にあります。査定後に買取処分をキャンセルして返送してもらう場合は着払いとなるため注意が必要です。また、宅配キットを無料で送ってくれるサービスもありますが、振袖・訪問着は1点から、その他の着物・帯なら5点以上でなければ宅配キットを送ってもらえないのでこちらも注意してください。

申込方法

買取方法

手数料

Web、電話

平日9:00〜17:45

宅配のみ

 

査定、宅配送料無料

※宅配買取キャンセル時の

返送料は着払い

買取対象商品

宅配キット

評価

着物、帯、和装小物全般

 

宝石、貴金属

無料の宅配キットあり

振袖・訪問着は1点以上

その他の着物・帯は5点以上

で受付

 

【内容】段ボール、

ガムテープ、

着払い伝票、

緩衝材(プチプチ)、

書類(買取依頼書など)

着物,処分

 

 

 

 

 

ヤマトク

ヤマトクは久屋の運営会社と同じ「山徳グループ」が運営している買取処分業者です。そのためシステムは久屋と同じで、無料の宅配キットを送ってもらうには、振袖・訪問着なら1点以上、その他の着物・帯なら5点以上必要という制約があります。
買取をキャンセルして返送してもらう場合、返送料は着払いとなります。値段がつかない着物は無料での引き取り処分もしています。大量の着物をとにかく処分したいという人は宅配買取がおすすめですが、査定にかかる時間は、通常で依頼品の到着から7営業日ほどとなっているため、急いでいる方には向きません。

申込方法

買取方法

手数料

 

Web、電話

平日9:00〜17:45

宅配のみ

査定、宅配送料無料

※宅配買取キャンセル時の

返送料は着払い

買取対象商品

宅配キット

評価

着物、帯、和装小物全般

 

宝石、貴金属

 

無料の宅配キットあり

振袖・訪問着は1点以上

その他の着物・帯は5点以上

で受付

 

【内容】段ボール、

ガムテープ、

着払い伝票、

緩衝材(プチプチ)、

書類(買取依頼書など)

着物,処分

 

 

一番おすすめの着物買取処分業者

最もおすすめの着物買取処分業者は「バイセル」です。
「バイセル」は、他店より買取処分金額が1円でも安ければ全品返却することを公言しているため、損をすることがありません。また無料査定の申し込みはネットと電話から可能で、ネットに慣れていない人でも気軽に申し込めます。Webも電話も24時間対応なので、日中忙しい人でも都合のいい時間に申込することが出来ます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけといったものでも無料査定してくれます。着物だけでなく和装小物も買取対象なので、一式まとめて買取処分してもらいたいと考えている人にはさらにおすすめです。
買取処分方法は出張買取、宅配買取、持込買取の3種類から選べるためライフスタイルに合った方法を選ぶことができるのも魅力です。
※条例により未成年者からの買取はできません。
※買取には、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などの本人確認書類の提示が義務付けられています。

 

 

 

買取処分業者に無料査定を依頼した場合の流れ(バイセルの場合)

【出張買取】

1.無料査定の申し込み
Webから「お問い合わせフォーム」に必要事項を入力し、無料査定を申し込みます。電話でも受け付けているためパソコンが苦手な方や、直接聞きたいことがある場合などは電話での問い合わせが便利です。どちらも24時間対応しているので、仕事が忙しくて日中はなかなか電話できないという方でも電話可能です。20分ほどすると、入力した電話番号にバイセルから電話がかかってきます。買取商品の確認、出張サービスに関する説明、日程調整をします。

 

2.査定員の訪問、自宅での査定
査定員さんが氏名と行商従業者証を提示してくれます。万が一にもバイセルを騙った業者などではないように、必ず確認するようにしましょう。査定してもらいたい着物などを一点一点見てもらい、買取金額と理由などを説明してもらえます。

 

3.契約内容の確認
査定額に納得できなかった場合はその場で買取処分をキャンセルできます。出張料や査定料などは一切かかりません。買い取ってもらうか少し考えたいという場合は、査定員から名刺をもらえるので、後日そこに電話すれば改めて買い取りにきてくれます。買取処分してもらうには「古物営業法」という法律の決まりにより、本人確認のできる身分証明書が必要です。運転免許証、パスポート、健康保険証、外国人登録証のいずれかを事前に用意しておきましょう。全体の流れとしては、合意書への記入、査定員からのクーリング・オフの説明、契約書の記入と本人確認書類の提示となります。最後に電話での書類確認と承諾確認があり、契約内容の確認が終わります。

 

4.買取金額の支払い
契約内容に納得の場合、その場で買取処分金額を現金で受け取ることができます。その後は契約書類の控えを受け取り、査定員から商品を整理整頓と配布物の案内があり終了です。

 

5.フォローコール
査定員退出後にコールセンターから電話にてアフターフォローがあります。納得のいく査定であったか、査定員の態度はどうであったかなど簡単なヒアリングがあるため、不満の残る部分があった時は対応してくれます。

 

【宅配買取】

1.申し込み
宅配買取は完全予約制のためWebから「お問い合わせフォーム」に必要事項を入力し、宅配買取を申し込みます。電話でも受け付けているためパソコンが苦手な方や、直接聞きたいことがある場合などは電話での問い合わせが便利です。どちらも24時間対応しているので、仕事が忙しくて日中はなかなか電話できないという方でも電話可能です。20分ほどすると、入力した電話番号にバイセルから電話がかかってきます。査定希望の品物についての相談や発送する予定の品物の詳細確認、発送方法から買取処分代金振り込みまでの流れが説明されます。

 

2.品物の発送
予約後に「宅配査定書類一式」が送られてきます。必要事項を記入の上、査定希望の品物、本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、外国人登録証のいずれか)のコピーと共に発送します。

注意
 以下のような着物は買取処分が難しいため、あらかじめ理解しておきましょう。
 ・喪服やウールの着物
 ・においがひどいもの
 ・キズ、汚れ、シミ、カビがひどいもの

 

査定結果に納得できなかった場合、品物は着払い(自己負担)で返送されます。また、品物に値段がつかなった場合も品物は着払い(自己負担)での返送となります。箱が大きく数が多いほど送料は高くつくため、買取処分をキャンセルした場合のことも考えて発送することをおすすめします。

 

3.査定
品物が到着すると、査定後に査定結果の電話があります。査定料は無料、さらに査定結果連絡時に買取処分をキャンセルしてもキャンセル料は発生しません。その場で買い取ってもらうか返事をしなくても、ゆっくり考えて後日改めて連絡するということもできます。

 

4.買取処分代金の受取り
査定結果に満足できた場合、即日、口座に振り込みしてもらえます。ただし買取処分には「古物営業法」という法律の決まりにより、本人確認のできる身分証明書が必要です。品物を発送する際に必ず運転免許証、パスポート、健康保険証、外国人登録証のいずれかのコピーを同送するのを忘れないようにしましょう。入れ忘れた場合は、後日コピーだけを郵送することになります。

 

【持込買取】

1.申し込み
持込買取は完全予約制のためWebから「お問い合わせフォーム」に必要事項を入力し、持込での買取処分を申し込みます。電話でも受け付けているためパソコンが苦手な方や、直接聞きたいことがある場合などは電話での問い合わせが便利です。どちらも24時間対応しているので、仕事が忙しくて日中はなかなか電話できないという方でも電話可能です。20分ほどすると、入力した電話番号にバイセルから電話がかかってきます。査定希望の品物についての相談や持込する予定の品物の詳細確認、持込方法から買取処分代金支払いまでの流れが説明されます。

 

2.査定
予約日時に査定希望商品を持ち込み、査定してもらいます。持ち込む量にもよりますが、査定時間は早い場合で5分ほどです。査定結果はその場で聞くことが出来るので、納得できない場合は買取処分をキャンセルすることもできます。査定料やキャンセル料は一切かかりません。

 

3.現金の受け取り
査定結果に納得できた場合、その場で買取処分代金を受け取ります。買取処分には「古物営業法」という法律の決まりにより、本人確認のできる身分証明書が必要です。そのため運転免許証、パスポート、健康保険証、外国人登録証のいずれかを持参するようにしましょう。

 

着物処分に関する豆知識

着物の処分に慣れているという人は、業者関係者でもない限りなかなかいないと思います。そのため、引っ越しや遺品整理などで急に慌ただしく処分しなければならなくなることが多く、あとになって「もっとよく考えてから処分すればよかった・・・」「他にこんな処分方法があったなんて知らなかった・・・」など後悔してしまう人も少なくありません。そういったことがないように、着物の処分に関する豆知識をご紹介します。

 

 

着物の処分方法

着物を処分するにはいくつかの方法があります。
最もおすすめなのは着物を買取処分してくれる業者に買い取ってもらう処分方法ですが、他の処分方法も見てみましょう。

 

1.ごみに出して処分する

とても勿体ないことですが、他に処分方法がない場合にはごみとして処分するしかありません。資源ごみとして出すことになる地区が多いようですが、各自治体によって分別方法が違いますので、必ず確認してからごみに出すようにしましょう

 

 

2.人に譲って処分する

着物を着てくれる親族や知り合いが近くにいれば、譲ることで処分できますね。しかし現実には身近に着物を着てくれる人がいないということの方が多いかと思います。
そんな時は、インターネット上にあるコミュニティなどを通して、着物が欲しいという人に譲ることができます。ここ数年は「着物女子」といって、日常的に着物を着て過ごす女性が増えてきています。無料でなら着物を譲り受けたいという女性は一定数いますので、そういった方を見つけて譲ることが出来る場合もあります。
しかし、インターネットを通しての個人での譲り渡しは、何かとトラブルが起きやすいものです。インターネットに慣れていない人にはあまりおすすめできない処分方法です。

 

3.オークションやフリーマーケットで売って処分する

オークションやフリーマーケットでの処分も多くの方が行っている方法です。スマートフォンの普及でフリマアプリが世の中に浸透し、より手軽に着物の取引も出来るようになっています
しかしオークションもフリマアプリも実物を見て買ってもらうということが出来ないため、売れた後にクレームがくるなどのトラブルが起こりやすい処分方法です。
着物にシミや汚れがある場合はかならず明記したり、何枚も写真を撮って掲載したり、写真による色の違いなどもあらかじめ了承してもらえるように書いておくなど、トラブルに発展しないよう気を付ける必要があります。
またこの処分方法は、大量の着物を処分したいと考えている人にはあまり向いていない方法です。というのはオークションもフリマアプリも、一枚一枚着物ごとに写真を撮って詳細を記載して価格を決めて、売れたら梱包して発送業者に依頼して・・・といった流れを全部自分で行わなければならないからです。一枚だけなら苦ではないかもしれませんが、これを何枚も何枚もするとなると疲れてしまいます。また、着物の価値を自分で把握していなければ価格を設定することも難しいため、あまり知識のない方にもおすすめできない処分方法です。

 

4.リサイクルショップや買取処分業者に売って処分する

着物の処分を考えた時、一番最初に浮かぶのがリサイクルショップでの処分ではないでしょうか。身近でお金になる処分方法の代表かと思います。しかし、リサイクルショップの多くは、着物を高額では買い取ってくれません。それは着物の需要が少ないからです。リサイクルショップとして店舗を構えている以上、利益が出るようにしか買取できないため、売れるかどうかわからないものには高値を付けることができないのです。実際に、リサイクルショップに持っていってみたけど段ボール数箱で数百円にしかならなかったという話もザラにあります。着物は仕立てるだけで数十万かかるものが多いので、それが数百円にしかならないのではあまりにもショックですよね。
一方、着物専門の買取業者で着物を処分する場合、リサイクルショップよりもはるかに高額で買い取ってもらえる可能性があります。着物だけでなく貴金属なども扱う買取業者もありますが、いずれにせよ着物の買取に長けている人が査定してくれるため、着物の正しい価値を見て買取価格を提示してくれます。伝統工芸品の着物や有名な作家の着物だと、数十万で買い取ってくれる例もあります。着物を査定してもらうのは無料なので、ひとまず査定だけでもしてもらって損はない処分方法です。

 

 

5.リメイクして他のものに作り変える

処分するのとは少し毛色が違いますが、リメイクして別のものに作り変えて手元に残しておくという方法もあります。着物に思い入れがあって、処分するのは嫌だけど着物を残しておくのも難しいという人におすすめの方法です。
着物の柄を活かして自分だけの一品を作ったり、古い着物はしっかりした生地の物が多いので長く愛用出来たりと、着物のリメイクはとても流行っています。代表的な例としては洋服に仕立て直したり、クッションカバーやポーチにするなど、身近な小物に作り変えることができます。自分で作りかえるのが難しいという人は、リメイクを請け負っている業者もあるのでそういったお店を利用するのも手です。

 

 

 

 

着物を買取処分した場合の相場

買取処分してもらうならだいたいの金額を知っておきたいとは皆が思うことですが、どんな着物も保存状態や色柄などを見なければ値段を付けることはできません
伝統工芸品や有名な作家の品だと高額になる可能性は高く、数万円〜数十万円の価格になることもあります。しかしそういった本来価値のある着物であっても、汚れや傷みが酷い場合には大きく値が下がったり値が付かなくなってしまうこともあるため、やはり一度査定に出さなければ着物の価値は分かりません。
着物の買取処分をしてもらう場合は、深い知識と経験を備えた査定員に見てもらうことが重要です。高額な品なのに、知識がないため二束三文の金額しかつけてもらえないということもあるため、リサイクルショップなどを利用するよりも、着物専門の買取業者にお願いする方が確実です。

 

また、買取で処分することを決めかねている場合であっても、手持ちの着物がどれだけの価値を持っているのか知っておくのは大事なことです。人に譲る際や、財産として子孫に残すことを考えている場合、価値を知っておくことでより公平で納得のいく分配ができ、相手へも価値を知ってもらうことが出来るからです。
ランキングで紹介している着物買取業者は、無料査定してもらったあと買取処分をキャンセルしても、キャンセル料などは一切かからないので安心して査定に出すことができます。

 

 

 

 

買取処分してもらえない着物

基本的には、着物にシミや傷みがあっても無料で査定してもらえます。しかしあまりに状態が酷く使い物にならないような着物だと、値が付けられないということもあります。そうすると、自分で処分することになる場合と、業者に買取してもらう着物と一緒に引き取ってもらい処分してもらう場合があります。業者によっては、買取以外では着物を引き取ってくれないところもあるので、値が付かない場合はどうするかということも考えておきましょう。一緒に処分してほしい場合は、値が付かなくても引き取って処分してもらえる業者を選ぶようにしましょう。⇒★値がつかない着物も引き取ってもらうなら宅配買取

 

では、具体的にはどのような着物が買取してもらえないのでしょうか。

 

1.汚れや傷みが酷い

あまりにも汚れや傷みが酷い着物は、着られる程度まで状態を回復させるのが難しいため、買取してもらえないことが多いようです。汚れや傷みのある部分が裏地だったり、着ると見えなくなる位置の場合は買取をしてもらえる場合もあります。しかし、あまり期待せずにおく方が無難です。

 

 

2.カビやタバコの臭いが染みついている

長くタンスの中にいれたままになっている着物は、お手入れが滞りいつの間にかカビていることがあります。また、同じタンスの中にしまっている着物がひとつカビると、他の着物はカビていなくても臭いが染みついていることもあります。
他にも樟脳(しょうのう)やタバコ、ペットの臭いなど、着物に何らかの臭いが染みついてしまっている場合は買取が難しくなると思っておきましょう。買取してもらえても、他の着物よりも安価になることは覚悟しておきましょう。

 

3.サイズが小さい

着物は着る人の体型に合わせて誂えるものなので、あまりに小さい着物の場合需要がないと判断され、買取してもらえないことがあります。オークションやフリマに出品すると小さいサイズを求めている人の目に留まる可能性があるため、買取をしてもらうよりも良いかもしれません。

 

 

4.喪服や襦袢

喪服や襦袢は基本的に買取してもらえないところが多いです。最近は洋装の喪服を着用する人が多く、着物の喪服は需要がないため買取してもらうのは難しいのが現状です。襦袢は着物を着る際の下着に相当するものなので、こちらも買取は不可能なことが多いです。普段身に付けている下着を古着で買うか?ということを考えてみると納得できるかと思います。
しかし未使用の場合もしかすると買取してくれる業者もあるかもしれませんので、公式サイトなどではっきりNGと書かれていない時は一度確認されることをおすすめします。

 

 

 

和装小物の買取処分

 

着物を買取処分する業者の多くは、和装小物の買取処分も行っています。ランキングで紹介している買取処分の業者は、どこも和装小物全般を買取対象としています。業者によって異なりますが、コート、ショール、反物、かんざし、帯締め、帯揚げ、帯留め、帯枕、草履、バッグ、腰紐、伊達衿、半襟、扇子、巾着、着物ハンガー、風呂敷、ふくさ、コーリンベルト、茶道具など様々なものを取り扱っています。この中に売りたい小物がなかったとしても、一例として挙げているだけで他の商品も取り扱っている可能性が高いため、買取処分を考えている業者へ一度問い合わせてみることをおすすめします。

 

一般的に、和装小物は着物に比べると買取処分してもらったときの価格は高くありません。特に草履やバッグなど、使用感が出ているものは値が付かないこともあります。しかし物によっては大きな価値を持つ逸品ということもあるため、着物の査定のついでに一緒に査定してもらうというのが良さそうです。
特に高額での買取処分が期待できる和装小物を個別記事にまとめていますので、詳しくはそちらをご覧ください。
和装小物 高額での買取処分が期待できるもの

出張買取、宅配買取、持込買取どれがいい?

着物を買取処分してもらう方法には、自宅まで来てもらう出張買取、着物を宅配で送る宅配買取、店頭に自分で持ち込む持込買取があります。それぞれにメリットデメリットがあるので詳しく見ていきましょう。

 

 

1.出張買取
出張買取は、ネットや電話で予約して査定員に直接家まで来てもらい、査定ののちに買取処分してもらう方法です。最近では最も人気がある方法です。メリットとしては、店頭持ち込みと同様に目の前で査定してもらえるため詳しく説明を受けられること、着物を持ち運ぶ手間がないことなどがあります。デメリットには、住まいが出張買取してもらえる地域になければ利用できないこと、場合によっては希望する日時に予約が取れないこと、家に査定員をあげることに抵抗がある場合難しいことなどです。
店舗に持ち込むよりは断然手間がかからないため人気のある方法ですが、住む地域によっては出張買取してもらえないことがあるため電話などで問い合わせてみると確実です。それから、最近話題になっている「押し買い」という犯罪に巻き込まれないよう注意が必要です。「押し買い」とは、持ち主が売ることを望んでいないのに着物や貴金属など高価なものを安値で無理やり買取しようとする犯罪行為です。こういった犯罪に巻き込まれないためにはきちんとした業者を選ぶことが重要です。ランキングで紹介している業者はどこもこのようなことは絶対にありませんので安心してご参考になさって下さい。

 

2.宅配買取
宅配買取はネットや電話で申し込み後、買取業者へ自分で着物を送り、査定結果を電話で聞いて買取処分してもらうか返送してもらうか決めるという方法です。メリットとしては、宅配業者に取りに来てもらえば持ち運ぶ手間がないこと、在宅していなくても査定してもらえることなどです。デメリットには、段ボールへの箱詰めなどが手間であること、買取をキャンセルした場合返送料は自分でもたなければならないことなどです。
着物の買取業者には宅配買取だけを扱っているところもあります。そういった業者の場合、宅配で送るために必要な段ボールなどを一式自宅まで送ってくれます。着物が入るサイズの段ボールを見つけるだけでも大変なことなので、宅配買取と決めている場合はそういった点に重きを置いて業者を選ぶと便利です。
また、送った後にどういった着物を入れたか分からなくなると査定の内容を聞く際や返送してもらう場合に不便なため、事前に写真を撮ったりメモしておくことをおすすめします。
宅配買取は査定金額に納得できず返送してもらうことになった場合、返送料が数千円かかることはあらかじめ理解しておいた方がいいです。お金にもならず、返送料はバカ高く、結局着物を処分することもできず、というのが最も避けたい事態だと思うので、例えタダ同然の査定額であっても構わないから処分したいと考えている人に向いている方法です。

 

3.持込買取
買取処分してもらえる店舗に自分で着物を持ち込み、査定ののちに買取処分してもらう方法です。おそらく最も一般的な方法かと思います。メリットとしては、目の前で査定してもらえるので疑問に思った点など詳しく聞けることです。デメリットとしては、着物が大量にある場合持ち込むのがとても大変であること、近くに買取処分してもらえる店舗がない場合不可能であること、店舗によっては持ち込む時間を予約してからでなければ査定してもらえないことなどです。
着物は何枚も一度に運ぶとなるとかなり重く、箱もかさばるため持ち運びが面倒です。買取処分してもらえるか分からない状態で持っていくわけですから、最終的に骨折り損のくたびれもうけということにもなりかねません。

 

【まとめ】
一枚や二枚の着物を買取処分してもらうなら、持込買取か出張買取がおすすめ。
大量の着物を一度に買取処分してもらいたい人は出張買取がおすすめ。
・仕事などが忙しく在宅時間がとれない人宅配買取がおすすめ。

 

 

 

 

買取処分してもらう時に必要なもの

買取処分してもらうには「古物営業法」という法律の決まりにより、本人確認のできる身分証明書が必要です。運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票・外国人登録証などが必要になるので準備しておきましょう。
宅配買取の場合は身分証明書のコピーの他に、それぞれの業者によって同封しなければならない書面などがあるため、申し込む際にしっかり確認することをおすすめします。